長崎のまつりと言えば「長崎ちゃんち」です。
毎年10月7〜9日に受け取る諏訪神社のお祭りです。
毎年担当の踊り表通りがそれぞれの表通りの奉納踊りをしたり、世間をねり歩いたり行なう。
長崎ちゃんちの奉納踊りには、龍踊りや川船、太鼓山(こっこでしょ)、オランダコメディなど様々なものがあります。
奉納踊りは「国のポイント無形民俗文化財」に指定されている。
毎年異なる踊り表通りの奉納踊りを楽しみにしているほうが数多く、
我が国からたくさんのツーリストが集まるお祭りです。

毎年受け取るおくんちのテレビ生を見ながら
「次回桟敷催しで見てみたい」というようになったのは成人してからでした。
それまでは、「開設があって、授業は半休で夕暮れからおくんちに行けるからフェチ!」と
思っていましたが、こっこでしょを何とか周辺で見て「素晴らしい」と思ったのがきっかけです。
今年もちっちゃなお子さんがいるので桟敷催しでの拝観はできませんが、
次回子どもが大きくなった時折、諏訪神社の桟敷催しで奉納踊りを見たいと思います。滞納を繰り返して追い詰められるより法的に借金を整理しましょう