長崎のまつりと言えば「長崎氏ち」です。
日々10月7〜9日に受け取る諏訪神社のお祭りです。
日々担当のダンス街角がそれぞれの街角の奉納ダンスをしたり、世間をねり歩いたりする。
長崎氏ちの奉納ダンスには、龍ダンスや川船、太鼓山(こっこでしょ)、オランダお笑いなど様々なものがあります。
奉納ダンスは「国の必須無形民俗文化財」に指定されていらっしゃる。
日々違うダンス街角の奉納ダンスを楽しみにしているほうが数多く、
我が国からたくさんのツーリストが集まるお祭りです。

日々受け取るおくんちのテレビジョン中継を見ながら
「以前桟敷シートで見てみたい」というようになったのは大人してからでした。
それまでは、「伸展があって、勉学は半休で夕刻からおくんちに行けるから歓迎!」と
思っていましたが、こっこでしょをいよいよ近辺で見て「渋い」と思ったのがきっかけです。
今年もちっちゃな子供がいるので桟敷シートでの観賞はできませんが、
以前子供が大きくなった時折、諏訪神社の桟敷シートで奉納ダンスを見たいと思います。誰にも言えないお金の相談は専門家が解決できます